2007年02月20日

南極

昨日、アルゼンチン&南極から無事に帰国しました。
帰りは乗り継ぎ時間を含めて27時間の遠距離。
当分飛行機には乗りたくないなぁ。

南極は地球の33倍もの大きさ、今回は南極の端っこにちょっと
お邪魔したような感じでしたが、そのスケールと美しさには
震えがくるほどの感激でした。

写真も400枚位あるし、様々な出来事があって、何から書いたら
良いのか解らないので、写真を沢山貼りますね。

朝焼けの氷山  iceburg5.jpgQ.jpg

氷山&ペンギン  XRyMP.jpgiceburg7.jpg iceburgU.jpg 子育てを終えた親ペンギン。


クルーズ船から小さなゴムボートに乗って、上陸します。

上陸先には各国の南極基地があります。
基地の周りはペンギンの巣営地。
ここにいるペンギンは親離れした幼児。
親は子育てが終わると海に行ってしまい、子供達は自分で
泳ぎ方や餌の取り方を覚えるそう。
未だ産毛が残っていて本当に可愛いのですよ〜
iceburgzodiack.jpgn.jpg

 yMQ.jpgyMW.jpg

興味津々に近ずいて来る赤ちゃん。
人間から寄ってはいけないけれど、ペンギンが寄ってきたら
じっと通り過ぎるのを待ちます。驚かさないようにね。

     yMX.jpg

海には豹アザラシが、そして地上には盗賊かもめがペンギンを
狙っています。
この時も、一頭のペンギンの赤ちゃんが盗賊かもめの餌食に
なってしまいました。
涙を流しながら、この自然の光景を見なくてはいけない。
本当に辛い出来事でした。

ASqQyMP.jpg アゴヒゲペンギン。

象あざらしもいました。この子は3歳ほどの女の子だそう。
オスの成あざらしはこの3倍も大きいそうです。

P.jpgR.jpg

Q.jpg
この子たちは未だ赤ちゃん。二匹でじゃれて遊んでいました。

この美しい自然を永久に残す事ができるのか?
残念な事に、オゾン層の破壊により既に壊れかかっているとの事。
壊してしまったのは、我々人間なんだよね。
日々の生活の中で何かできる事、きっとあるはず。
そんな感慨深い南極体験でした。




【関連する記事】
posted by ピッピママ at 12:06| ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おかえりなさい。
遠路ご無事でなにより!!
南極。。テレビの中の遠い出来事が
目の前で、普段の日々の出来事として起きていることを目の当たりにできるってどんな感動なのでしょうか!
いつまでもこの自然が変わることなく続くことだけが願いだなあ。
そしていつか私もペンギン達と同じ大地に立って同じ空気を吸って真っ白いスペースに染まりながら、、動物達に出会ってみたいなあ。
Posted by ここママ at 2007年02月20日 15:13
この写真待ってました〜
可愛いーーすごいーー!!
でも自然はそればかりでは無いのですね・・
子供の頃耳にした、忘れかけていた自然の法則を思い出しました
どこの世の中も厳しいーー
Posted by Luiママ at 2007年02月20日 18:48
ピッピママ、お帰りなさい。
わ〜南極の景色だ〜。かなり寒いんでしょう?
映画で観た南極物語を思い出します。仕事とはいえ、なかなか体験できないし、ご自身の企画だと思うとさすがです。尊敬。
オーロラ、見られましたか?
ペンギンやあざらし、いかにも南極。
参加されたお客さん、たくさん集まってよかったですね〜。う〜ん、幸せな人たち。
いつまでもこの自然が保たれるといいですね。素敵な写真、有難うございます。
Posted by エル母 at 2007年02月20日 19:02
お帰りなさい。
凄く素敵〜☆
写真でこれだけ綺麗だったら
実物はもっとすごいよね!!
あざらしの赤ちゃんもまだ産毛が。
あ〜この子たちのためにも
これ以上自然が破壊されませんように・・・


Posted by hiro at 2007年02月20日 20:00
無事にお帰り何よりです。
ピッピ君達の歓迎ぶりは如何でしたか?
映画の世界のようなお写真素敵ですね〜
各国、旅をされてるピッピママですが
今までにない感動を沢山お土産に出来たでしょうね。。。
お疲れ様でした。
Posted by アニーママ at 2007年02月20日 21:32
お帰りなさい!
何だか夢の世界みたいです。ペンギンもあざらしも本当にカワイイんだね♪
一度は行ってみたいけど、体力も財力も。。。
こんなにステキな体験ができるピッピママが心底うらやましいです!
次にお会いしたときに南極のお話たくさん聞かせて下さいね!
お疲れさまでした!
Posted by キースまま at 2007年02月20日 22:03
お帰りなさい!
南極だなんて、夢のまた夢!!
自然の姿を自分の目で見ることが出来るって、素晴らしい体験ですよね。
環境破壊もかなり深刻なんですね。。

ピッピ&レオ君の歓迎っぷりは物凄かったんじゃないですか?
Posted by キャサリン at 2007年02月21日 01:58
ここママへ>南極の氷山は言葉に表せない位綺麗でしたよ〜
二度と行けないところかと思ったけれど、
もっともっと知りたい世界となりました。
でも・・・遠いよ〜

Luiママへ>
ペンギンの赤ちゃん可愛いでしょ。そんな子が食べられちゃうのを見るのは本当に辛いけれど、これが生物形態なんだよね。
それを変えてはいけないと痛感でした。

エル母さんへ>
特に船の上で風に当たると寒くて、途中で風邪ひきました。もう治ったけれど。
夏と言ってもこんな雪と氷山のところだものね。
オーロラは夏で残念ながら見れませんでした。今は北極圏のオーロラの季節かな。

hiroさんへ>
実際に初めて見た時には震えがきました。
氷山のブルーが何とも言えない色で。
はじめて見た別世界でした。
ぞうアザラシの子も何ともおちゃめでしょ。温暖化でこの子達の生きる場所を壊さないようにしたいですよね!

アニーママへ>
ピッピレオ、私が居ないと大人しくて、お利口だそうです(笑)
レオを迎えてピッピも寂しくならなくなって本当に良かったわ。
帰った時の歓迎ぶり、それはもう〜爆発でした。忘れられていなかったよ〜

キースママへ>
ペンギンの赤ちゃんもぞうアザラシの赤ちゃんも可愛いでしょ〜
私も自力では行けないなぁ・・・・体力よりも財力で。
参加者には80代の人もいましたよ〜
とても元気な疲れ知らずのパワフルおばあちゃん。(50代の娘がダウンしてたけれど)

キャサリンさんへ>
環境破壊の問題、オゾン層の破壊により、
海の生物のDNA変化あり、それによりプランクトンの減少⇒ペンギンやクジラの餌のオキアミの減少。フロンを世界的に禁止しても、年々オゾン層が薄くなっている現実。この10年の間に急速に破壊度が増して
いるそうです。真剣に考えてしまいました。
ピッピレオの歓迎=玄関で押し倒されて、しばらく家に上がれませんでした(笑)
忘れられていなかったよ〜






Posted by ピッピママより at 2007年02月21日 18:26
お帰りなさい〜♪
普通では考えられないお写真がいっぱい!
TVのドキュメンタリーを見ているようです♪
それにしても…自然の摂理。。。
ちょっと悲しいですね(ノ_・。)
そしてそして〜
オゾン層の破壊…止められないのかしら???
普段は気がつかないことが南極へ行って身近に感じるのかな?
お疲れ様でしたヽ(=´▽`=)ノ
Posted by 宙ママ♪ at 2007年02月22日 09:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34188055
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。