2007年01月22日

値段と命

先日近所に住む従兄弟と近所の公園に散歩に行った時、従兄弟から
最寄り駅の駅ビルの一角にあるペットショップで販売しているプードルの
値段を聞いてがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

従兄弟も一桁間違っているのではないかと、ゼロを数えなおしたそう。
ゼロの数、6個。

年末からその子はいたそうで、新春セールで9+ゼロ5個になってたよう
だけれど、セールが終わったら、また6桁になってたんだって。

ふと思い出し 今日帰りがけにそのショップに寄ってみました。
未だその子は残っていて、958,000円という値段が付いていました。
お父さんが素晴らしい血統、2kg台の小振りな子。
ホワイトで、未だ3ヶ月なのに涙焼けして顔が赤茶色だった。

でも血統を重視して飼う玄人だったら、ペットショップで購入しないはずだし、
ステータスの為のお金持ちをターゲットにしているのかな?
お金持ちに飼われて幸せな犬生を送って欲しい。
でも、売れなかったらこの子はどうなるのかなぁ。
生体の値段の事など、改めていろいろ考えてしまったわ。 


1??18?? 0012.jpg  庶民 庶犬’s

寝たきりになった事で実家から引き取って従兄弟が面倒を見ていたミミが
星になった。
目と耳が利かなくなり、それでも18歳まで頑張った。
従兄弟のノンは大きなミミをカートに乗せて散歩をしたり、床ずれも回復したし、
本当によく面倒を見たと思う。ミミは幸せに大往生したね。
posted by ピッピママ at 22:23| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も見ました!百万円の白いトイプー。
最初にその話を聞いたのは、お正月。近所のお寺にお参りに行ったら、お参りに来てた年配の男性がタクを見て「あ、プードルだ。A駅の店で百万円だったよ」って。「このおじさん一桁見間違えたんだろうなあ」って思ってたのですが、それから数日後に、たまたま甥っ子たちとその店に寄ったら、本当だった!残念ながら、当人(犬)はお昼中でオシリしか見えなかったけど・・・。やっぱり、まだ居たのね。
タクが行っているあの店の近くのトリミングの店でも、うわさ沸騰らしいです。ホント、誰が買うのかしら。でも「あの店に百万円の犬がいるよ」って聞いた人が「どれどれ、見に行ってみようか」って思うわけで、宣伝効果はあるということでしょうか。
でもあの子の行く末が心配です。
Posted by タクまま at 2007年01月22日 23:06
タクままも見たのね〜!!!
本当にびっくりですよね。
今日の帰りも寄って見たら店員さんと外にいて(お店の中だけどね)ものすごく小さかった。
4ヶ月で700gだそうです。
本当に、この子の将来気になりますね。

Posted by タクままへ at 2007年01月23日 20:05
ピッピままさん
再びこんばんわ。このワンコのお話をコッカプードルのレクシー君のママにメールしました。JR N駅に住んでてタクと同じところでトリミングしてらっしゃるの。

さっそく見に行ってらしたとのこと、サイトにアップされてます。
http://studiopino.exblog.jp/i0

本当に小さい子なのですね!



Posted by タクまま at 2007年01月23日 22:40
サイト見ました〜
レクシーママ勇気ありますね。
写真撮って良いのかなぁとおどおどしてた私。結局撮らなかったけれど。
何とも言えない複雑な、考えさせられる値段の子ですよね。
昔、セントバーナードを飼っている人が
子供が生まれたからって、安く出したら売れなくて、三倍の値段にしたら即買主が決まったという話を思い出しました。

とにかく、値段は抜きにして幸せになって欲しいな。それだけです。


Posted by タクままへ at 2007年01月25日 00:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31918992
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。